title2.png

161225 プリパラ クリスマスドリームライブ その4(筐体CD編)

その4・筐体CD編。

予想以上にすごかったので急遽1記事として独立させる。

161225xmaslive-P1220282.jpg
プリパラ ミュージックコレクションVol.1・Vol.2
このイベントでVol.2までが先行発売された。
1枚3200円とちょっと割高なのがやはり気になるが…

161225xmaslive-IMG_20161225_130707.jpg
イベントでは昼すぎに売切れてしまった。
前の記事の通り一人1枚ずつの制限があるのでお願いされていた分が買えずじまいだった。

161225xmaslive-P1220264.jpg
このCDの特徴と言うか何と言うか、
CD番号がTTPP-0001から始まっているので恐らくこのCDの為に作った記号「TTPP」なのだろう。
そしてお察しの通りこのCDはエイベではなくタカラトミーアーツからグッズ扱いで発売されている。
なのでジャスラックマークは無く、権利はタカトミ管理のままであると思われる。
(ジャスラックを通すと自分とこの筐体で使うのすら面倒になるとか。)

収録内容は公式
http://pripara.jp/event/musiccollection.html
を参照してもらうとして、
一応2枚合わせて2015年3rdライブまでの曲が収録されているが、サントラ部分を除きドリシア曲は無い。
今後発売される分には入るのだろうか。

一部曲は3DS用のリメイク曲が収録されている。(所謂アゲアゲVer.)
なので厳密に言えば筐体で使われた曲とは別物の曲もある。
ボーカルも昔筐体用へと録音したものを今回再利用し、新しいメロディへ合成したのかは不明。
(もしかしたら録り直したのかも。)

また、そらドレ曲は各キャラソロ版が入っている。
これで曲数を稼いでいるのは賛否両論かもだが、まぁこれはこれでアリなのかなとも思ったり。
でもソロ版が無ければ1枚に纏まったのでは、とも思う。

そしてAC筐体のサントラが入っている。
今では聴けなくなった曲も入っていて嬉しい。
(例えばVol.2のNo.20・レッツゴープリパラとか。)


・特典プロモ
161225xmaslive-161228-1252_000050666.jpg161225xmaslive-161228-1252_000263466.jpg
Vol.1・パラダイスハニードレス

161225xmaslive-161228-1245_000029566.jpg161225xmaslive-161228-1245_000190933.jpg
Vol.2・パラダイスピーチドレス

161225xmaslive-161228-1252_000175400.jpg161225xmaslive-161228-1252_000192500.jpg
パラダイスも相応の光り方をするのだが、なぜかアクセと靴が変わってしまうバグがある。
(後日修正された。)


・Vol.1
トイトイテイルは筐体稼動開始時からある曲なので今回CD化は嬉しい。
当時はMake it!とトイトイテイルばかりプレイしてたもんじゃった。

ぎゃっぷりもその後のアプデで追加された初期曲である。
今回初めて歌詞が判明したのだが、歌詞カード上では一番最初に「テンシノウラギリ」云々と言っている事になっている。
だが自分には聞こえないのだが…聞こえる人には聞こえるモスキートノイズ的なアレなのだろうか。

ガムシャランホイ…この曲はソロはリメイクVer.なのだが3人Ver.はAC筐体メロディのような気がする。
なぜだろう…
これも歌詞カードを見て初めてあぁそう言ってたのか、と分かる所が多い。
モノハシは哺乳類なのだ。

ハートフルダッシュもいいよねいい。
事実上のドロレオ曲と行ってもいいのではなかろうか。
ハートフルダッシュに限らずこの曲はユニット名義じゃなくソロでいいんじゃないの?っていうのが多々あるのだ。

morning、実はこの曲は過去にガムシャランホイ・プリパライフと一緒に円盤化されたことがある。
2015年4月に在庫整理のプリリズヘッドフォンのオマケとしてだが。
歌詞カードを見ると漢字が少なめでひらがなが多い。
morningは隠れた名曲なんすよ。



・Vol.2
クールスターで5トラック、ハロハロフレンズで7トラック使用というボリュームはさておき、
この2枚のCDで一番驚いたのがVol.2に入っているピュアリスマイリィとエビバデビルである。
流れ上ピュアリスマイリィに限定するが、
ピュアリ☆スマイリィは2つの謎があった。
なの。

1・歌詞変更の謎
2・筐体では聞けない本当のラストの謎


1は実は今のBメロの歌詞は変更されたものだというのはご存知だろうか。
Bメロの「雲まるめ ドッジボール」は当初「雲に乗り みんなで歌おう」だったのだ。
これは2015年4月頃のアプデで変更されたのだが、なぜ変更されたのかは未だに明言されていない。
そして今回のCDには変更後の歌詞で入っている上にやはりなんの説明も無い。
ある意味初期の歌詞は「無かった事」にされている。
おそらく今後も明言されることもないであろう…完全に闇に葬られたも同然なのだ。

特に変な歌詞でもないのになぜ変更しなければならなかったのかが不可解であり不気味。
実は2番がある=CD曲のように4分近いサイズがあるのでは?とも思ったのだが…


2、これはすごいですよ奥さん。
いつ頃なのかは忘れたが、何かのイベント(ちゃおやおもちゃショー系?)でみかんちゃんがゲストで来た時にピュアリスマイリィを歌い(そもそも筐体専用曲をライブで歌うということ自体貴重なのだが)、
その時に筐体ラストの「通学路も体育館でもほら~」の後にも続きがある!という情報が当時入ってきた。
メロディがちょっと続く程度だろうと思ったがちゃんと歌詞がある、という事らしいのだが、
このイベントはライブ配信をしていない為に確認が出来ず長い事真偽が不明とされていた。

が、
今回このCDには
長い事謎とされていた本当のラストも入っている。

しかも、
エビバデビルにも本当のラストがあった。
これは予想外である。

煽っておいてなんだが、その真のラストとされるものは2フレーズしかない上に重大な内容という訳でもない。
だが初公開となる部分なので興味のある人はぜひCDを買って「真のラスト」を聞いてみて欲しい。
ネタバレをすると真のラストがあるのはこの2枚のCDではこの2曲だけなのだが、
別の筐体専用曲にも真のラストがある曲があるのかもしれない。

さらにエビバデビルは筐体でも聞けなくは無いのでもしかしたら気付いてる人もいるかもしれないが、
インスト版で聞くと「ある曲」との関係が明確にはっきりと分かる。
これはwwwとピンと来るであろう。
今まで気付かなかったから驚いた。


ただこのCD、上記の通りグッズ扱いでありタワレコを始めとする各CDショップでは流通せず、
全国のPS以外のグッズ販売店ですらも発売されないと思われる。(尼であってもマケプレのボッタ値であろう。)
となると身近にPSが無い自分としてはVol.3が決定しても入手が難しいのだが…
うーむ…


続く。
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)