title2.png

余目の旧線跡探索

  • Day:2011.05.18 13:42
  • Cat:鉄道
余目駅~西袋に向かって約1.5Kmの間
国道47号線余目跨線橋の工事に伴い線路が移設されたのはあまり有名ではない…かはわかりませんが
最近は特にネタも無いので行ってみました

amarume.png
探索ルートは西袋駅方向から余目駅方向へ


A地点
現行の線路との分岐地点
P1210187.jpg
この緑地が旧線跡
もちろん今でもJR用地

P1210192.jpg
西袋側
キハ110が

P1210217.jpg
余目側
キハ47が


B地点
P1210284.jpg
枕木が
撤去品の再利用でしょうか


C地点
P1210286.jpg
P1210292.jpg
橋の遺構が
しかし今でも農道として現役


D地点
P1210300.jpg
ここから余目駅方への路盤は消滅


E地点
47号線より農地側
P1210317.jpg
ここから真っ直ぐ、現行の線路まで延びていたのですが

P1210174.jpg
こちらには遺構は全く無し
そもそもこの用水路自体最初からこの位置にあったものではないでしょうし…


F地点
P1210128.jpg
西袋側・ここにも橋の遺構が
手前のはしっかり残ってます奥のは国道47号の歩道に若干埋まってます

P1210165.jpg
遺構を47号歩道から
真っ直ぐが線路跡

P1210303.jpg
余目駅側の盛土にはJR用地を示す看板が


G地点
P1210149.jpg
当時使っていたであろう橋の遺構が、そして橋には枕木

P1210141.jpg
西袋側
真っ直ぐの農道っぽいところが旧線跡

P1210148.jpg
現行の線路とは大体20mの距離

P1210320.jpg
余目駅側
若干盛土っぽくなってるのでここが合流点でしょう



今まで羽越線の旧線跡といえば小波渡以南の方が有名でしたが
ここは最近知ったので余目にあるとはちょっと意外
AからE地点にかけて農道と線路が丁度一直線上になるのは知ってましたが本当に線路跡だったとはね

ちなみに標識には余目跨線橋とありますが橋の銘盤には常万跨線橋と明記
どっちなんでしょうか
所謂「昔の名前で出てます」なんでしょうか

あとなぜか竣工年月の銘盤は無くなってます
なんででしょうね
関連記事

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)