title2.png

由利鉄特集その1・YR-3000形デビュー

120416-P1410584.jpg
去る10日前
由利高原鉄道に行っていた

目的は今月より運用開始となった新車
YR-3001.png
YR-3000形・YR-3001
個人ブログとしては日本で一番早く車両各部を紹介する記事…なのかもしれない…?

事前に上の羽後本荘→薬師堂のキップを調達し
ちょうど時間が一緒だったYR-1500を撮りながら矢島へ
120416-P1410345.jpg
曇天なのが残念
降らないだけマシだけど

矢島(一部本荘で撮影したのも有り)
120416-P1410392.jpg
結局YR-1505のドアや窓は売れなかったのか
111016 由利鉄部品販売会

とかなんとか時間を潰しながら待ってると
120416-P1410401.jpg
出てきた

120416-P1410430.jpg
ようやく実物を見ることが出来たYR-3000
本当なら甲種の時に見に行くつもりだったのになぁ

120416-P1410701.jpg
ベースは松浦鉄道のMR-600形
MR-600では貫通扉上にLED表示機があるが由利鉄では全列車全区間運転なので省略
代わりに無線アンテナがあるが新車でもJRタイプのアンテナじゃないのね

信号炎管はYR-2000同様準備工事のみ

120416-P1410419.jpg
台車
ND744/ND744T
MR-600の台車と比べると動力台車の砂箱が無い

120416-P1410671.jpg
おばこイラスト
プレスでは鳥海山のイラストのみだった

120416-P1410441.jpg
ドアボタン
説明文の位置や色が違うがE233系0番台と同じタイプのようだ
開閉時に音声案内が備わったのは第三セクター向け車両としては初の事らしい

120416-P1050627.jpg
参考までに
E233系0番台ドアボタン

120416-P1410507.jpg
運転席は半室

120416-P1410451.jpg
由利鉄史上初のワンハンドル
最高速度は95Km/h、しかし営業運転で出せるのは65Km/hだとか
ATSはATS-SN

120416-P1410501.jpg
運賃表示器
半分を持て余す

120416-P1410494.jpg
身障者対応トイレ

120416-P1410448.jpg
由利鉄初の日本車輌製

120416-P1410675.jpg
由利高原鉄道名としては初の楕円形銘板(従来の由利鉄銘板は長方形)

120416-P1410546.jpg
120416-P1410563.jpg
ボチボチ矢島を後にしながらYR-3000を撮り

120416-P1410589.jpg
薬師堂で乗車し

120416-P1410697.jpg
羽後本荘駅へ
3番線には701系N35編成

120416-P1410714.jpg
そのまま薬師堂へ戻り
撤収

120416-P1410776.jpg
収穫物
ロットナンバーは10


1500や2000との協調運転が出来ないので当分固定運用なのはいいが
現時点の運用では第1便が1450矢島発(土日祝除く)なので
午前中に撮影するのはまず不可能ときた
ぐぬぬ

来年調達分のYR-3002が到着するまでは単行運転なので幌が未装備の状態で撮るなら今のうち
甲種が見れるのはあと2回しかチャンスが無いので次こそは見に行ければいいのだけど
また仕事になっちゃうんだろうなー…はぁ…

→行けた
130309 YR-3002甲種輸送その1

yurikougenYR-3000all-1.png
プレスだと赤が3001となってるが当初は赤が最初に来る予定だったのか
それとも適当に番号を振ってただけなのか
多分後者だろうけど


由利鉄特集その2・120414 きらきらうえつ・おばこ号羽後本荘同時発車
関連記事

Comment

ありがとうございます!
かじてつさん、ご承諾ありがとうございます。早速使わせていただきますね(^^)
お世話になっております。
画像の件ですが、小さい画像ではありますが
これでよろしければ是非お使いください。

由利鉄の公式サイトに掲載されることを楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。
  • 2013/03/15 18:33
  • かじてつ
  • URL
写真転載ご承諾のお願いです
こんにちは、由利高原鉄道の山田です。いつも取りあげていただきありがとうございます。さて、一点お願いがございます。こちらの記事にありますドアボタンの写真を弊社web YR-3000車両紹介のページにて使わせていただけますでしょうか?手許に写真が無く、奇麗に撮影いただいていたのでぜひ拝借をお願いしたく、ご承諾をどうぞ宜しくお願いいたします。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)